自然が一番の先生!を合言葉に


「無用の用」をお子さまに沢山経験させましょう

土曜日のプログラムです

 守ってくれる壁もドアも無い。さて何をして過ごそう。 初めて太陽の広場に来て固まってしまうお子たちもいます。それでも、30分もすれば木に登ってみたり、水くみを手伝ったりと、 どんどん動き回っています。そして、何より年上や年下のお友達の影響もあって、表情が変わってきます。

具体的な支援の方法としては、保護者の方と面談を行い、個別支援計画を作成します。

この支援計画を元にして、長期的な支援を行います。

普段のすごし方

2007年から実施している自然体験教室の流れを汲んでいます。ボーイスカウトの隊長経験がある職員を中心に 研修を受けた職員が一緒に活動します。野外体験の面白さを子ども達は実感し、大切さを保護者はご理解できるプログラムになっています。

野外体験は調理を取り入れ、太陽の村が開墾した「太陽の広場※」で木の枝を拾ったり石を集めたりしてカマドを作り、 火起こしから始めます。

※太陽の村の広場は神奈川県の愛川町の河川域にみんなで開墾しました。現在、相模原市内にも第二太陽の広場を開拓中です。お楽しみに。

○● 年間スケジュール ●○
毎月隔週土曜日:太陽の広場や野山で活動

5月:春キャンプ

8月:夏の2泊キャンプ

10月:秋の遠足

主に太陽の広場を使用しますが、城山に上ったり宮ヶ瀬湖に足を伸ばす事もあります。

お昼ご飯は、野外調理をしたり、お弁当を持参したりします

この他にもお楽しみイベントがあります。


----------------------------------------------------------------------------

■□■ 夏キャンプの例 ■□■

場所:上大島キャンプ場 9時集合 日曜日15時頃解散

住所:相模原市緑区大島3657

内容:野外調理、ハイキング、プール、他

持ち物:着替え、下着、帽子、水着+水泳帽子、寝袋、銀マット、タオル、

木綿軍手、ヘッドライト、フォーク+スプーン、ステンレスマグカップ、水筒、ティッシュ、歯ブラシ 等

※お子さまの持ち物には記名をお願いします。



Copyright(c) 2011-2014 太陽の村 All Rights Reserved.