不登校の小・中学生を受入れています。


主に発達障害の診断がされたお子さんを対象とした、

もう一つの学校「アナザークラス」です。


また、太陽の村利用者であれば推薦入学できる

鹿島学園高等学校に開設されたのが、

「総合支援学科です」

不登校のお子様を受け入れています。

不登校の状態にある多くの子どもが発達特性(障がい)の診断がされています。 思った通りの言葉を発してしまう、コミュニケーションがお友だちとうまく取れない等の現状に加え、 先生の理解がなかなか得られないと次第に学校から子どもは遠のいていきがちです。

具体的な支援の方法としては、保護者の方と面談を行い、専門職が個別支援計画を作成します。

この支援計画を元にして、長期的な支援を行います。

普段のすごし方

野外体験・施設見学を「アドベンチャー」の日、学習日は「We Can(僕たち・私たちはできるよ)」と名付け、 メリハリのついた計画に基づいて過ごします。学習は実力に基づいた無理のない指導を行い、工作や絵画、音楽も取り入れてます。

野外体験は調理を取り入れ、太陽の村が開墾した「太陽の広場※」で木の枝を拾ったり石を集めたりしてカマドを作り、 火起こしから始めます。

※太陽の村の広場は、草木の生い茂る愛甲郡の河川域にみんなで開墾しました。現在、相模原市内にも「第二太陽の広場」を開拓中です

施設利用例: 市立・県立の各公園、スケート場、科学館、工場見学、動物園、博物館、美術館、遊び場 etc...

主に相模原市内の施設を利用しますが、みなとみらいや八王子、町田に足を伸ばす事もあります。

この他にもお楽しみイベントがあります。 誕生会、プール、農業体験、遠足、クリスマス会、卒業旅行(行き先は生徒も一緒に考えよう!)
--------------------------------------------

太陽の村倶楽部(フリースクール)の特徴

特徴①毎日9時から通える
⇒生活リズムを安定させます

特徴②在籍の校長の承認があれば出席日数に振替できる


⇒通信簿に反映できます

特徴③週2日は外に出かける


⇒異年齢の子どもと切磋琢磨できます

特徴④教員免許保持者複数在籍


⇒福祉と教育の両面から指導が受けられます

特徴⑤鹿島学園高等学校総合支援学科に推薦入学できる


⇒進路の悩みや受験ストレスから解放されます
--------------------------------------------



■職員の資格保有例

高校教員免許・中学校教員免許・養護学校教員免許・介護福祉士・介護ヘルパー等


神奈川県学校・フリースクール等連携協議会 参加

不登校相談会パンフレット


■パンフレットご希望の方に送付いたします。


住所・氏名(保護者)・お子様の学年を明記の上、下記アドレスまでご請求下さい。

メール:school@taiyounomura.com

Copyright(c) 2011-2014 太陽の村 All Rights Reserved.